【神奈川県からのお知らせ】【第19回かながわシニア美術展(バーチャル版)】

高齢者の文化的活力を地域に広げ、生きがいを高めることを目的に開催している「かながわシニア美術展」。「人生100歳時代」を迎えるいま、コロナ渦にあっても、高齢者が元気に、いきいきと暮らせるよう、日頃の芸術・文化活動の成果の […]

楽しくて来てよかった!ボッチャ(伊勢原市)

今夏の東京パラリンピック(8月24日~9月5日開催)で、金・銀・銅3つのメダルを獲得したボッチャ日本チーム。パラリンピック閉幕直後に伊勢原西部地域包括支援センターは、オレンジカフェでボッチャを行った。当初は雨の予備行事と […]

オレンジパートナーからの投稿写真(大和市立図書館・アルツハイマー月間ライトアップ)

世界アルツハイマー月間中(9月1日~30日)に、小さなオレンジ色のライトアップを行った大和市立図書館。大和市在住のオレンジパートナーの女性から、その様子を撮影した写真が送られてきました。「認知症に関するいろいろな本があり […]

「知ってますか?認知症」
第1回 認知症の人が地域の人々とともに生きる地域をどうつくるか

公益社団法人認知症の人と家族の会副代表理事・神奈川県支部代表                   川崎幸クリニック院長 杉山孝博  私が認知症の人と家族の会にかかわって40年が経過しました。認知症に対する理解も支援も皆無 […]

【神奈川県からのお知らせ】

本日21日は世界アルツハイマーデーです! 2025年には65歳以上高齢者のおよそ5人に1人が認知症になるといわれており、今や誰もが関わる可能性があると言えます。この機会を利用して認知症への理解を深めましょう。そして、認知 […]

世界アルツハイマーデー・イベントモデルは95歳女性、認知症の方や施設スタッフら(相模原市)

相模原市では市内の認知症関連団体が月に1度集まり、ネットワーク作り、情報の提供や普及啓発、9月の世界アルツハイマーデーのイベント開催などを話し合う相模原市認知症地域支援・ケア向上ネットワーク会議を2019年にスタート。そ […]

「ちいさなオレンジ色のライト」が認知症関連の本を優しく照らす(大和市立図書館)

全国最大級の座席数(約990席)と来館者数を誇る大和市立図書館(大和市文化創造拠点シリウス内)では、同市の中央林間図書館、渋谷図書館とともに世界アルツハイマー月間(9月1日~30日)の期間中、認知症に関する本の展示と今年 […]

【神奈川県からのお知らせ】令和3年度世界アルツハイマーデーかながわ 

「国際アルツハイマー病協会」(ADI)が、世界保健機構(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」、9月を「世界アルツハイマー月間」と定めています。わが国でもポスターやリーフレットを作成して、認知症への理 […]

金ちゃん農園とオレンジパートナー(南足柄市)

「(ボランティア活動に参加する人には)まずは何かをしようではなく、認知症の方が特別ではないと知るのが第一歩だと思う。場を共有し会話をして、これなら自分もできると感じてもらうことが一番」そう話すのは南足柄市高齢介護課の鳥居 […]

9月は「世界アルツハイマー月間」、認知症を考えるパネル展と図書フェアを開催(海老名市)

9月21日は、1994年に国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)が共同で定めた「世界アルツハイマーデー」。それに伴い9月は「世界アルツハイマー月間」として、日本全国の自治体や認知症の地域活動団体が様々 […]

PAGE TOP