「知ってますか?認知症」

第5回 認知症とはーその1

公益社団法人認知症の人と家族の会副代表理事・神奈川県支部代表      川崎幸クリニック院長 杉山孝博

認知症について深い関心をもっているオレンジパートナーの皆さんは認知症に関する基本的な知識をお持ちだと思います。私は、「知ってますか?認知症」のシリーズを続けていくためには、認知症の医学的な知識を確認し、共有することが必要であると思っていますので、「認知症とは」というテーマで、「認知症の概念」「認知症の症状」「認知症の原因」「治療法」などについて、4回にわたって取り上げたいと思います。

1.認知症とは

認知症は、「記憶力・認識力・判断力・推理力などの知的機能が低下して、社会生活や日常生活に支障をきたす状態」ということができます。つまり、自立した生活ができていた人が、物忘れがひどくなり、適切な判断力、推理力などの知的機能が低下したため、周囲に迷惑を起こす言動が出てきて見守りや援助が必要になった状態です。

2.中核症状と行動・心理症状(BPSD)

 認知症の症状は、脳の神経細胞そのものの働きが低下して起こる中核症状と、中核症状が基本となって性格、体験、環境など絡みあって発生する行動・心理症状(BPSD。周辺症状ともいう)があります。中核症状は、記憶障害、理解・判断力の低下、見当識障害(時間・場所・人物が分からない)、実行機能障害(段取りよく行動できない)などがあって、程度の差はそれぞれですが、全ての認知症の人にいずれかの症状がみられます。周辺症状は、多弁・多動、暴言・暴力、失禁・弄便(ろうべん)、徘徊、食行動異常(異食・過食・拒食)、昼夜逆転、幻覚・妄想、性的異常、抑うつ、不安・焦燥、興奮、せん妄などがあります。このような周辺症状は認知症の人全てにみられるのではありませんが、環境の変化や認知症の進行によってしばしばみられるものです。そして、認知症の人の介護者をよく悩ませるのがこれらの症状です。

3.認知症の原因~一次的要因と二次的要因~

認知症はひとつの病気ではなく、症状の集まりですから、認知症の原因となる疾患はたくさんあります。認知症の原因には、脳そのものの病変による一次的要因と、脳以外の身体的、精神的ストレスによる二次的要因があります。

一次的要因には、脳萎縮性変化(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など)、血管性変化(血管性認知症)、内分泌・代謝性・中毒性疾患(甲状腺機能低下症、アルコール性認知症など)、感染性疾患(クロイツフェルト・ヤコブ病、脳梅毒による進行麻痺)、手術による効果が期待できる正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍といった疾患があります。

二次的要因には、環境の変化や人間関係、不安、抑うつ、混乱、身体的苦痛などがあります。入院や転居といった環境の変化で認知症が出現することや、骨折や貧血など体の変化により認知症がひどくなることがよくあります。入院や転居といった環境の変化により認知症が出現することや、骨折や貧血など身体の変化により認知症がひどくなることがよくあります。配偶者の死や定年退職をきっかけに認知症が始まった例も少なくありません。家では軽いもの忘れ程度の人が、骨折などで入院すると、翌日からナースコールを何回も押してナースを呼び、院内徘徊をするようになり、時にはギブスを外して骨折している足で歩いてしまうことは決して珍しいことではありません。骨折したからといって脳神経細胞の数や機能が落ちるわけでもありません。骨折による身体的な苦痛、入院による環境の変化に対する不安感、家族の姿が見えず見知らぬ人が自分を抑えつけたり針を刺したりする恐怖感など、2次的要因によって認知症の症状が悪化したのです。骨折が治って歩けるようになり、退院して自宅に帰ることができると、認知症の症状がおさまって、以前とほぼ同じ状態まで改善します。

二次的要因を見つけて適切な対策をとるのが認知症介護では実は最も重要で有効な方法なのです。

Follow me!