「知ってますか?認知症」

第3回 認知症の人の思いを知るーその2

公益社団法人認知症の人と家族の会副代表理事・神奈川県支部代表

               川崎幸クリニック院長 杉山孝博

 認知症の人と家族の会では、2002年に会員に対して「家族を通じてぼけの人の思いを知る調査」を実施しました。認知症の人の言葉を介護者がどのように感じたかを尋ねたところ、全国から624通の回答が寄せられました。

「認知症になったら、何も分からなくなり、できなくなる」「人間性が失われてしまう」「困った事ばかりする人だ」—―多くの人が持っていた認知症に対する、このようなイメージを大きく変える調査結果でした。もの忘れや判断力の低下があっても、普通の人と同じように、喜怒哀楽の感情も、相手への思いやりも、プライドも持っていることがよくわかりました。認知症になっても心は生きているのです。

オレンジパートナーの皆さんにもぜひ知っていただきたいと思います。

僕にはメロディがない 和音がない 響鳴がない

頭の中に いろんな音が 秩序を失って 騒音を立てる

メロディがほしい 愛のハーモニーがほしい

この音に響音するものはもう僕から去ってしまったのか

力がなくなってしまった僕はもう再び立ち上がれないのか

帰ってくれ僕の心よ 全ての思いの源よ

再び帰ってきてくれ あの美しい心の高鳴りはもう永遠に与えられないのだろうか

いろんなメロディがごっちゃになって気が狂いそうだ

苦しい 頭が痛い

 この文章は、福岡県の岩切健さんがアルツハイマー病発症2年後の55歳のころにかかれたものです。認知症が徐々に進行していることに対する不安な思いや混乱が見事に表現されています。「認知症と診断されたら、何もできなくなり、わからなくなる」「人間性も失われてしまう」と、多くの人は考えがちですが、決してそうではないことがこの文章からよくわかると思います。

夕方になるといつも泣き出していた。なぜ悲しいのかと聞くと、「こんなにバカになってしまって…」という言葉が返ってきた。また、近所に一緒に出かけると、人が通りかかると、もの陰に隠れようとしていた。「こんなにバカになった姿を他人に見られたくない」、そんな言葉が返ってきた。

本人の思いの中で、最も中心になるのが「物忘れ」です。一般に考えられている以上に、本人は物忘れなどを自覚しており、「(私は)呆けてしまった」「頭がおかしい」「だんだん進んでいく気がする」「何もできない」と感じています。

 「家族を通じてぼけの人の思いを知る調査」に、介護中、または看取った家族、624名からの回答がありました。その中から、本人の気持ちが記載されている部分を抽出したところ、473場面・出来事に上りました。本人自身におきている変化が記述されているのが、143ヶ所で、その中で、「物忘れに対する恐怖」に関する記載が最も多くて54ヶ所でした。

 物忘れによる不安・混乱が出てくると、「迷惑をかけたくない」「いらいらする」「調子が悪い」などという気持ちにつながってきます。

トイレに連れて行こうとしたが、少し便がゆるくなり、パンパースの中にしてしまいました。風呂で、主人も手伝ってくれ、きれいにふいていたところ、「○○ちゃん(主人のこと)、すまんのう」と言い、泣き出しそうな声でわびてくれ、介助している私も思わず涙ぐみました。感謝の念の強い父でした。

一方では、自分の「病気のことがもっと知りたい」と言う思いつながり、「自分の病気と付き合って」いこうとする努力に結びついています。

この頃、妻はノートによくメモをして話をしていた。必死で努力していたのだろう。

という記述にみられます。なんとなくほっとさせられます。

突然、妻が「おたく何処にお住まい?」「お子さんは何人?」と言い出した。聞かれたこちらは一瞬、頭が真っ白になり、「妻が狂った」と思いました。自分の顔を指さし、「お前の主人じゃないか」と言うと、「私の主人は、そんな年寄りじゃない」。妻の中では、完全に20代、30代の世界になっていたのでしょう。「では、前に座っているのは誰?」「判らないから聞いているじゃないの」。問答はここまで、もう妻が正常に戻る時間まで待つしかなかった。

私が工夫した「認知症をよく理解するための9大法則・1原則」の第1法則 記憶障害に関する法則」の中で「記憶の逆行性喪失の特徴」とは、「蓄積されたこれまでの記憶が現在から過去にさかのぼって失われていく現象で、『その人にとっての現在』は、最後に残った記憶の時点になる」というものです。従って、このケースのように、家族に対しても、「誰だか分からない」「知らない人が家にいる」「別の誰かと間違える」ことが起こります。家族はとまどったり、嘆いたりした挙句、記憶を呼び戻そうと努力して、混乱に陥ることがしばしばです。そんなときには、この特徴を思い出して、ぼけの人の気持ちや置かれている世界を理解したいものです。  (続く)

Follow me!