世界アルツハイマーデー・イベントモデルは95歳女性、認知症の方や施設スタッフら(相模原市)

モデルの95歳女性(Link・マネジメント提供)

相模原市では市内の認知症関連団体が月に1度集まり、ネットワーク作り、情報の提供や普及啓発、9月の世界アルツハイマーデーのイベント開催などを話し合う相模原市認知症地域支援・ケア向上ネットワーク会議を2019年にスタート。その会議の運営を委託されているNPO法人Link・マネジメントでは、「助けられ王国さがみはら」ホームページで、様々なイベントの企画、紹介、運営をしています。今年の世界アルツハイマーデー(9月21日)イベントの1つとして、さがみはら認知症サポーターネットワーク(さがサポ)主催の「笑顔コレクション」があります。当初は会場を借りてモデル以外の裏方役にも認知症の皆さんに参加してもらおうと考えていました。ところが緊急事態宣言の延長で会場は使えず、規模は縮小されましたが、高齢者の方、認知症の方、ベトナムから介護の勉強に来ているスタッフらにモデルになってもらって、数回に分けて動画撮影会を行いました。参加した中で最高齢の95歳女性をはじめ、参加された方々はヘアメイク・撮影担当他集まったスタッフらに、笑顔をいっぱい見せてくれました。Link・マネジメントでは、興味を持った企画へのオレンジパートナーや認知症サポーター、市民の皆さんの参加を待っています。なお、笑顔コレクションの様子(動画)は9月21日から「さがサポ」ホームページに公開されています。詳細は下記Link・マネジメントにお問い合わせください。

※問い合わせ先 NPO法人Link・マネジメント 電話042-707-1603 担当 糠信(ぬかのぶ)さん

ヘアメイクをするスタッフ(Link・マネジメント提供)

Follow me!